今日は親父の1周忌

在りし日の親父のお話。

親父「ウチの店と暖簾分けした店あんだろ?」

親父「ウチで予約したお客さんがタクシーの間違いでそこに着いちまってよ。」

親父「老夫婦だったんだけどよ、1時間雪の中玄関前に立たされてたんだよ。」

親父「ほんでお客さんから電話あってよ、俺迎えに行ったんだよ。」

親父「そのお客さん凍えてて泣きそうになってたのを見てよ。」

親父「俺よ、その暖簾分けした店に殴り込んで『板長出せ』っつっちまってよ。」

親父「てめえ、ウチの大事なお客さんによく無礼なマネしてくれたなっつってよ。」

親父「平謝りしたって通じねえ。筋通せっつったんだよ俺。」

親父「そんときに老夫婦からもらった感謝状、今でも大事に飾ってるんだぜ(´・ω・`)」

親父「せめてそういう時はよ。お茶出して俺に電話入れるなりしてくれりゃいいのによ。」

親父「あのお客さんの扱い方に俺ブチギレちまってよ。」

親父「確かにてめえの店とは関係のない客だけどよ。少しぐらい親切してやったって罰は当たんねえだろ?」

親父「なんかよ、世の中は本当に冷たくなっちまって俺悲しいぜ。」

十円玉「和食の世界はそういうところも大事にするからな(;´-`)」

親父「和食の世界がどうのこうのって話じゃねえバカ野郎(`・ω・´)」

親父「人としての礼節を最低限守らなかったあの店に頭キテんだよ(`・ω・´)」

親父はうんと古いタイプの板前だった。

トラックバックURL

http://www.10yendama.com/archives/2162/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です