オチもへったくれもない思い出話

ある日、会社の給湯室でクラムチャウダーを作っていた十円玉「(*´-`)~♪」

事務のねーちゃん「よこせ。(゚-゚)」

十円玉「(´-` )」

事務のねーちゃん「 よ こ せ 。 (゚-゚) 」

専用棚を開く十円玉「何にします?( ´-`)ノ」

事務のねーちゃん「その。ジャガイモ野郎をねじりミンチにしたようなヤツ(クラムチャウダー)をいただこうか。(゚-゚)」

クラムチャウダーを手渡す十円玉「どぞ( ´-`)ノ」

事務のねーちゃん「かたじけねえ。(゚-゚)」

十円玉「いえいえ( ´-`)」

事務のねーちゃん「私、お腹壊しちゃってね。(゚-゚)」

事務のねーちゃん「固形物が胃に入らなくて、じゃあスープでもと思ってコンビニに行こうとしたら、丁度スープの香りがしたのだよ。(゚-゚)」

事務のねーちゃん「私を誘惑した君が悪いのだよ。(゚-゚)」

事務のねーちゃん「っていうかそのスープ類。次から稟議に通して常にストックしとこうか。誰でも飲めるように。(゚-゚)」

十円玉「いいですね(*´-`)」

事務のねーちゃん「君からも課長を説得してくんろ。(゚ー゚)」

十円玉「(;´-`)」

トラックバックURL

http://www.10yendama.com/archives/2209/trackback

オチもへったくれもない思い出話」への4件のフィードバック

      1. GundaMania

        うっせーよいいからアサリよこせっつってんだろオラァ!!!!!!!!!!!!!!!
        それかアワビな!!!!!!!!!!!!!(クズ

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です