タグ別アーカイブ: プラグイン

JS,CSS,HTMLコードを圧縮してページロード時間を短縮する「WP Minify」

最近試してみたWordPressプラグイン「WP Minify」。
JS,CSS,HTML(選択式)のコードを圧縮して、ページロードの時間を短縮してくれるスグレモノ。
似たようなプラグインに「Head cleaner」がありますが、それよりウンと安全に運用できます。
APC・OPCache・memcached等、オブジェクトキャッシュエンジンを使えないレン鯖での運用では効果が大きいですぜb

あと過去に書いたWordPress高速化ネタをちらほら
WordPressをオブジェクトキャッシュで高速化
極力簡単な方法で、Webページの読み込み速度を向上させる

WP Minify

WordPressでメール投稿が出来るプラグイン「Postie」

ありました、php7環境下でもWordPressでメール投稿を実現するプラグインが。
その名もPostie
今まではガラケー時代に生まれたktai_entryを使ってメール投稿に対応していた方が多かったと思いますが、こちらは(WordPressのメール投稿設定こそ使わないものの)プラグイン独自のメール設定の他、メールから投稿に変換する際の挙動、メディア・添付ファイルの埋め込み等細かい設定が出来ます。

WordPressプラグイン「GZIP Output」に注意

WordPressプラグイン「GZIP Output」は、WebページのGZIP圧縮転送を自動で行ってくれるプラグインですが
.htaccess等でテキストファイルにGZIP圧縮を適用していれば、不要のモノ。
(しかもこのプラグイン自体が大分古いし)
ちなみにこれを入れていると、プラグインのインストールや更新の際に画面遷移が止まってしまうので注意。

WordPress HTMLソース最適化プラグイン「Head Cleaner」で下手こいた

WordPress製サイトのソースを最適化しようとして、Head Cleanerを導入。
JSとCSSキャッシュ化や縮小化をしようとすると、記事や固定ページ内のJS,CSSソースまで纏めてしまうため、一部ページで動作の不具合が発生した。
しかもこのプラグインのせいで、Jetpackの「メールで記事を投稿する機能」も動作しなくなってしまった。
(Jetpackの再起動で直ったからいいけど)

Head Cleanerは設定を綿密にやればデキるプラグインですが、これは超手厳しいコーダじゃないと使ったらアカン。
安易に手を出したら、泣きを見ますぜ・・・。

今はHTMLソース中にJavaScriptが散乱していますが、そこ以外でのリマークアップで各々の記事が検索上位に上がるかどうか様子を見てみます・・・(`;ω;´)