タグ別アーカイブ: 大橋巨泉

おいおい、大橋巨泉お亡くなりになられたのかよ!

テレビ番組の司会者として長年活躍し、昭和のテレビ文化をけん引した大橋巨泉さんが、今月12日に入院先の病院で急性呼吸不全のため亡くなりました。82歳でした。

大橋巨泉さんは東京都出身で、早稲田大学に在学中からジャズの評論を始め、大学を中退後、放送作家としてテレビの世界に入りました。
昭和40年から民放で放送された深夜のワイドショー番組「11PM」で初めて司会を務め、番組の顔として20年以上にわたって活躍しました。
また、人気クイズ番組やバラエティー番組などの司会にも抜てきされ、競馬やマージャンなどの娯楽を積極的に取り上げたほか、じょう舌で機転の効いたコメントや幅広い知識を基にした評論が人気を集めました。
昭和44年には、万年筆のテレビコマーシャルの出演で「ハッパふみふみ」という流行語を生み出したほか、政治的な発言や著書でも注目されました。
平成2年には56歳ですべてのテレビ番組を降板して「セミ・リタイア」を宣言し、ゴルフやジャズなどで余生を楽しみたいと、1年の大半をオーストラリアやカナダなど海外で過ごしていました。
また平成13年には、参議院選挙に当時の民主党から立候補し当選しましたが、「フリーな立場でものを言いたい」として半年足らずで辞職しました。
所属事務所などによりますと、大橋さんは、平成17年に胃がんの手術を受けたほか、3年前には中咽頭がんと診断され、その後手術と放射線治療を受けていました。さらに去年の秋に腸閉塞の手術を2回受け、ことし4月には体調が悪化して、一時的に意識を失い、緊急入院したということです。
6月には22年にわたって連載してきた雑誌のコラムを終了し、最終回には「これ以上の体力も気力もありません。書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい」と記していました。
大橋さんは千葉県内の入院先の病院で治療を続けてきましたが、今月12日、急性呼吸不全のため亡くなったということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160720/k10010601801000.html

[大橋巨泉の遺言]http://lite-ra.com/2016/07/post-2432.html