タグ別アーカイブ: 水木しげる

「ゲゲゲの鬼太郎」作者 水木しげるさん逝去

「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などの人気漫画家で、文化功労者の水木しげる(みずき・しげる、本名・武良茂=むら・しげる)氏が30日、東京都内の病院で死去した。93歳。鳥取県出身。

大正11年、大阪で生まれ、間もなく鳥取県境港市に移った。早くから絵の才能を発揮し、13歳で油絵の個展を開き、新聞の地方版に「天才少年」と紹介された。

高等小学校卒業後、15歳で大阪の石版印刷会社に就職したが2カ月で解雇。美術学校に通った。18年に徴兵され出征し、激戦地ニューブリテン島のラバウル戦線でマラリアを発病、空襲で左腕を失った。

昭和21年に帰国し、昭和26年から「水木しげる」のペンネームで紙芝居作家として出発し、昭和32年に上京。昭和39年、劇画誌「ガロ」の中心作家となり、昭和40年 から「週刊少年マガジン」で「墓場の鬼太郎」を連載、代表作「鬼太郎」シリーズは「ゲゲゲの鬼太郎」と改題、昭和43年にテレビアニメ化されて大ヒットし、世 代を超える人気キャラクターを生んだ。

平成3年、紫綬褒章受章。平成8年、日本漫画家協会賞文部大臣賞、平成10年、児童文化功労賞を受賞。平成15年には、手塚治虫文化賞特別賞と旭日小綬章を受け、平成22年に文化功労者。妻の布枝さんの自伝「ゲゲゲの女房」を原案にして平成22年、同タイトルのNHK連続 テレビ小説が放送され、人気を呼んだ。平成25年6月には『水木しげる漫画大全集』第1期が配本、現在は第2期が刊行されている。

http://www.sankei.com/entertainments/news/151130/ent1511300008-n1.html