タグ別アーカイブ: 猟奇的な磁気付き健康サンダル

王様と奴隷

ある職場の室内靴が、お偉いさんの意向で
磁気付き健康サンダルに変わって
それ履いてると痛くて痛くてしょうがなく、仕事に全然集中できないので
自分で普通のサンダルを持参した時のお話。

先輩「おいなんだよそのサンダルは」

十円玉「あれ痛くて仕事に集中できないんですよねw」

十円玉「それで業務効率落ちてる気がしたので、やさしいサンダルに履き替えましたw」

先輩「きついのはお前だけじゃねえんだよ。甘ったれてんじゃねえよ。」

みんなこっち見てる。

十円玉「・・・先輩も苦しいんですね?w」

十円玉「やっぱり全体的に仕事遅れてるんですねwこれはいかんです、わかりましたwお偉いさんと話つ」

先輩「(椅子を蹴られる)余計なマネすんなよ?」

十円玉「・・・(゚-゚`)」

別の先輩「おいおい何やってんのw」

先輩「んだその目つきは」

十円玉「・・・(゚-゚`)」

先輩「まあいいや、お前今評価下がったよw」

先輩「まあお前みてえに身勝手なことばっかほざいてて且つ上司の意向も汲み取れないようじゃ、お前何やってもだめだわwお前SEだろ?もしかして今までクライアントの前でもそういう態度取ってたのか?なあ。」

十円玉「やめてくださいよwいい大人がヒステリー起こした女みてえな論理展開なんざしないでくださいよ(^ヮ^)www」

先輩「あ?」

別の先輩「十円玉くん取り消して」

十円玉「あの人がよかれとおもって、今こうなったのかもしれないです。」

十円玉「ですが現に見てくださいよ、変なサンダル強要されてから社内荒れてるのは私の気のせいじゃないと思いますけどw特に女の社員の勤怠が悪くなってるのも記録にハッキリ残ってますよね?w」

十円玉「お互いいい大人なので、今更社会人がどうのこうのといったお話はしたくありませんwでも言われたことやるだけならガキでもできますよね?w」

帰ってきた課長「何これw」

先輩「・・・ちょっと来い」

先輩「課長。ちょっと十円玉さんと外部で打ち合わせ」

十円玉「話ならここで伺います。」

課長「えっと、何があったのかはじめから教えてくれる?」

十円玉「(先輩が口を開く前に)健康サンダルのせいで全体的な業績が落ちているのでやめようって話をしていました」

課長「あの人怖いからやめとけw」

十円玉「私はどうなってもいいのでw話つけてk」

課長「だめやめてマジやめてw」

先輩「ほら課長もそう仰ってる」

十円玉「パシリは引っ込んでて」

十円玉「すませんっ取り消しますっ失礼しましたっ」

その会社は結局辞めたw

そして転職先の喫煙所で。

十円玉「ってなことがありましてw」

デザイナーNさん「体育会系っつかここの営業部もそうだけどさ」

デザイナーNさん「上が間違ってようがなんだろうが上にならえ右にならえだけどさ」

デザイナーNさん「俺等みてえな文系には理解できない世界があるよねw」

デザイナーNさん「昔は違ってたよね。上が全部ケツ持ってくれてたからさ」

デザイナーNさん「でも今のそれってカッコだけじゃん?」

十円玉「わかりますw」

営業部長「俺に言いたいことあったら直接俺に言って!!!!!!!!!^^」

デザイナーNさん「Σ(;゚Д゚)y-~~」

十円玉「あなたの話じゃありませんのでご心配なくw」

営業部長「え!今体育会系がどうとか営業がどうとか話してなかったっけ??^^」

十円玉「あなたのことは一言もw」

営業部長「お前見なおしたよ!なかなか根性あるな!!^^」

デザイナーNさん「話聞いてます?w」

営業部長「え!何が!!!!!!^^」

デザイナーNさん「部長の話は一切してないんですがw」

営業部長「営業部のことはおれのことだから!!!!!^^」

デザイナーNさん「ふむw」

十円玉「部長はケツ持ってくれるからいい上司だと思ってますよw」

十円玉「ただ私ぐらいの世代からの体育会系に悪いところだけ残したようななんかこう」

営業部長「お前等に俺の持論を語ると俺すら自殺考えるほど煽られそうだからやめとくよ!!!!!!!!!^^」

十円玉「営業は我々のつくったものをお金にして、我々制作は売れるものを作る。簡単なWin-Winでいいじゃないですかw」

営業部長「だからさ!!!お前等に俺の持論を語ると俺すら自殺考えるほど煽られそうだからやめとくっつってんじゃん!!!!!勘弁してよ!^^」