カテゴリー
IT Tips 雑記

LinuxerのためのSMPlayer

ええ、また鞍替えしました。メディアプレイヤーを。
VLCはコーデックいらずでメディア変換も一発で出来る大変素晴らしいアプリなのですが、その真価を発揮するのはVer.3.0.6から。(Linuxでは2019/05/05現在Ver.3.0.4止まり)
だったらとソースをGitで引っ張ってきてビルドを試みたのですが、意外と条件が厳しくて頓挫。まあLinuxでのバージョンリリースが2つも遅れてる理由を体感したわけです。
じゃあ未来にどのプレイヤーを持って行かんとしたらば、昔使っていたSMPlayer。
更に内部プレイヤーにmpvを咬ませて、VAAPIで動画をハードウェアエンコードすれば尚快適なわけです。
コーデック内臓なので、通常利用ならポンとインスールすりゃいいだけなのですが、私はmpvやらコーデックやらを最新版にビルドした上で使っています。(変換/編集の際に都合が利く)

「LinuxerのためのSMPlayer」への2件の返信

物がいいのはしっているが・・・・SMPlayer

言葉だと、SMプレイする人にみえる

まさか・・・・惹かれあうのか・・・・

そこから先はアカン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

十円玉 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください