カテゴリー
IT Tips

Linuxでコマンド履歴を残さない方法

本来ならば、コマンド履歴は記録に残して然るべきですが
そうとも言えない場合の裏ワザが御座いまして。
当然悪用厳禁。

・先頭がスペースであるコマンドを履歴に残さない方法
※はてなブックマークでの補足コメント、有難う御座いました。

export HISTCONTROL=ignorespace

・先頭がスペースであるコマンドを履歴に残さない+重複コマンドを記録しない方法

export HISTCONTROL=ignoreboth

多用するなら「~/.bashrc」に書き込んでおくと便利。

環境変数「export」は、ユーザがログアウトするかシステムを再起動するまで有効。
それを好まない場合でコマンド履歴を残さない方法が以下の通り。

・一行のコマンドを履歴に残さない方法

`example-command`;history -d `history|awk '{a=$1;}END{print a;}'`

・一連の作業でコマンド履歴を残さない方法

#秘密作業開始
HISTIGNORE=*;history -d `history|awk '{a=$1;}END{print a;}'`

#秘密作業終了
unset HISTIGNORE

・コマンド履歴の削除
※ historyコマンドで、該当コマンドの履歴番号を確認しておくこと

#1行コマンドの削除
history -d 履歴番号

#コマンド全履歴の削除
history -c

#コマンド履歴に残さず1行コマンドを削除する
`history -d 履歴番号`;history -d `history|awk '{a=$1;}END{print a;}'`

#コマンド履歴に残さずコマンド全履歴を削除する
`history -c`;history -d `history|awk '{a=$1;}END{print a;}'`

情報提供元:

カテゴリー
雑記

マシンガン猫

眠れぬっ(`゚д゚´)

58d7443b[1]

139b92cc[1]

6d294979[1]

カテゴリー
雑記

腹が減っては戦は出来ぬが、かと言って今飯を掻っ込む気分でもない十円玉

今日一日、朝から夕飯時までコーヒーしか口にしていないことに気がついたΣ(゚ロ゚*)

そういえばタイトルをガン無視して申し訳ないのですが、
2013/12/14(土) 18:00に、NHK総合のニュースで
安部総理からの大事な会見が生中継されるそうな。
一体何のお話をなさるのでしょうね(´・ω・`)?

カテゴリー
雑記

「ヤター!!2chのおまえらがそのまんまの姿で現実世界に飛び出してきたよ\(^o^)/」的なおはなし

新卒だったころの話をする。
今回の主人公は、はめだくんm9`・ω・´)
はめだくんは、2chからそのままリアルに出てきたような2ちゃんねらーで
2ch用語と「おまえら」の特性バリバリな子じゃった。

当時勤めていた会社での、あるお昼のこと。

俺等「今日ドコ食べに行く?(・∀・)」
俺等「ここらへん全部攻略しちゃったからねえ」
十円玉「まだ皆行ったことのないインドカレー屋あるよ( ´-`)ノ」
十円玉「店は狭いけど、結構うまかっちゃっちゃっ」
はめだくん「あはwwwwwwwwwwwwwwww」

トイレから大はしゃぎで飛び出してきたはめだくん。

俺等「(´・ω・`)?」
はめだくん「ちょーみてwwwちょーおまいらみてよwwwwwwwwwww」←マジでおまいら言った
はめだくん「リwアwルwでw便w所w飯w食wっwとwるwやwつwおwっwたwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

はめだくんに引きずり出される西田くん。
西田くん、半泣きで弁当箱をギッシリ掴んでいた。

はめだくん「これからこのキモヲタくんをシチュー引きずり回しのmixi晒しの刑に処すでござるwwwwww」←原文まんま
西田くん「やめてよ!!」バンッ

はめだくん「・・・ん??^^」
西田くん「一緒にゴハン食べてくれる人いないから・・・(´;ω;`)」
はめだくん「寂しいこと言わんやって西田くん^^」
西田くん「・・・?(´・ω・`)」
はめだくん「期待してんじゃねーよwwwwwwwプギャー!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」←本当にプギャー言った

ガタイの良い高橋くん「おいっ」
はめだくん「あっ;;」
高橋くん「お前また気の弱い子いじめとっとか!!」
はめだくん「あっあっちゃうっあっ俺っ西田くん飯誘いっあっ;;;;;」
高橋くん「嘘つくなよお前!!今引きずり回すだのmixiに晒すだの言うとったやろ!!」
高橋くん「お前まだメシ食っとらんとやろ?俺等これからどこか食べに行くけんつきあえよ!mっ(・∀・)」
連れてかれるはめだくん「あっあっあっあっあっあっ;;;;;;;;;;;;;;」

トドメを刺す大村くん。

大村くん「はめだくん。(ボソッ」
大村くん「アウトー!!\(^o^)/(ボソッ」

引きずられていくはめだくん「てめえおぼえとけよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」

俺等「西田くん一緒にくる?」
西田くん「俺弁当あるから・・・(´・ω・`)」
俺等「じゃあ仕事終わったら一緒に飲も」
西田くん「うん!!(´;ω;`)」
[amazon_link asins=’B00JL3QD6W’ template=’SupportedAMP’ store=’10yendama-22′ marketplace=’JP’ link_id=’2a776128-2725-11e8-8ece-b92d98101f42′]

カテゴリー
IT Tips

Linuxサーバ実機のターミナル上で、コンソールログの出力レベルを調整する方法

通常サーバを操作するとすれば、sshやtelnetをお使いになっていると思いますが
仮に遠隔上のターミナルではなく、実機を操作する際に
コマンドの入力中にログがリアルタイムに出力されて、鬱陶しい思いをしたことのある方は少なからずいらっしゃるのでは。
今日は、そんな邪魔なコンソールエラーを消す方法をご紹介。

#syslogのコンフィグを編集
vi /etc/sysconfig/rsyslog

#↓以下をコメントアウト
#SYSLOGD_OPTIONS="-c 5"

#追加
SYSLOGD_OPTIONS="-x -c 4"

# syslog再起動
sudo systemctl restart rsyslog

※1 コンフィグの内訳:IP→ホストの名前引きをせず、エラーレベル4以下(レベル5~7)のログ出力をしない。
-x:IP→ホストの名前引きをせず、IPのみ記録する
-c:コンソールに出力するログのレベルの既定値を指定する(例:-c 4)

※2 エラーレベルの内訳:
0:システムが利用できなくなった
1:早急に対応しなくてはならない
2:緊急状態
3:エラー発生状態
4:注意が必要
5:お知らせ程度
6:情報
7:デバッグメッセージ