2015-03一覧

歯医者行ってきた

コンプライアンスを守ることは良い事だと思いますが、縛られすぎるのも考えもの。

ええ、良さ気な歯医者に行ってきたんですよ。
最新っぽい機器で色々検査を受け、歯痛の原因もすぐわかったのです。
どうやら歯の根っこに歯石が溜まっていて、そこで炎症が起きているようです。
小さい虫歯もいくつか見つかり、歯槽膿漏も注意されました。
ほんで、3回目の通院から総合的な治療を受ける事と相成りました。

・・・え、今回と次回は治療してくれないのか?右顎で噛めないほど痛いんでけど?w
でも今回は痛み止めをもらって終了ですた。次回は明後日で、治療計画の説明と痛み止めの処方だそうです。

見た感じ、その歯医者はあるコンプライアンスに沿って治療を進めているようなのですが、痛みは人の都合に従ってくれませんw
然し、ここで苦情を呈したところで歯医者は融通を利かせてくれません。
それからまっすぐ薬局で痛み止めをもらい、その場で飲んでから一時間経過なう。
カフェインの鎮痛作用と併せて、なんとか仕事が出来るレベルに治まってきました。
然し右顎を噛むと痛いです、ゴハンも気をつけて食べねばなりません(;´-`)

暫くは仕事の効率が少し落ちそうです(;´-`)



もうガマン出来ん、これから歯医者に行ってくる

朝起きてから、右上の抜いた親知らずの隣の奥歯が浮いたように痛くて仕事に集中できない十円玉です。こんにちわかめ(^ヮ^`)
3時半に近所の歯医者で予約を取っているのですが、それまで歯痛に耐えねばなりませぬ。
仕事に集中できませんw

はぁ、3年ぶりの歯医者か・・・。虫歯だらけだったらどうしよう(/´△`\)
ついでに歯石とか全部取ってもらお・・・。


あまり必要ではないと思いますが、このサイトにSSLを導入しました

このサイトのログイン画面とお問い合わせに、SSLを使う事にしました。
本当はVerisign社とかからちゃんとした独自SSLキーを買うべきなのですが、コストをかける理由が大してないから自前ので。「このSSLキー怪しいよ!」って警告が出ますが、必要最低限のセキュリティは確保していますのでご心配なく。




年季の入ったキーボード

KIMG0003

このキーボードは2年目で、マウスと共にバッファロー製の無線タイプ。
印字が水転写式デカールなので、ゴシゴシ削れます。よく使うキーがツルツルテカテカですw
もう一度FILCOか東プレあたりのキーボードをとも考えていますが、仕事に支障を来していないので現状維持b


怒ってもいいんだよ。

人として非ぬ事をされたら、誰彼構わず怒っていいんだよ。
怒られるお前が悪い、自業自得だ、キンタマを握られている。
そんなのは相手の都合でしかなくて、あなたが非ぬ扱いを受けていい理由にはならないんよ。
もしアレなら、機先をブン奪ってでも自分の身を守りなさい。
もしこれが仕事の上だとしても、「そこまでして完結させるべき仕事なのかどうか」をよく考えて。
自分の持っているもの全てが、あなたの資本ですよ。


VirtualBoxの仮想OSをスタートアップ時に起動させる方法

スタートアップフォルダに以下のバッチを作成。

1.Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を起こす
2.「shell:startup」と入力してエンターキーを押す
3.出てきたスタートアップフォルダに、以下のバッチ(startVM_xx.bat等)を作成。

start "" /b "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" startvm "仮想OSの名前"


Translate »