タグ別アーカイブ: インハウスSEO

少しSEOについて語らせてくれ

おはようございます、十円玉です( ^ヮ^)ノ
実は今日、朝3時から起きています。

今、抱えている一サイト案件でページキャッシュによる動的ページの不具合があったのでそれを直し
担当してる全サイトのSEOレポートを作成中。

これからの予定は、朝食を軽く食べて、朝一にかかりつけの病院へ行き、処方薬と筋肉痛を和らげる点滴をもらってきて
そうすると昼前には帰ってこれるから、夕方まで大晦日までのタスクを進めて
今夜は少し早めに寝る。

ここで本題ですが、先週から担当サイト群のキーワード順位がグンと上がってきてホッとしています。
尤も、多くは検索ボリュームに乏しいキーワード設定なのですが
そのキーワードでサイトに入ってきたユーザの絶対数よりも、サイトとユーザの質を重視すべきだと考えています。
時間をかけてでも、ちゃんとしたリピータをコツコツ増やしていくことが、確実な収益になるのです。
ディスカウントショップのようなスキームで稼げ稼げと煽られ、言われるがままにスパミーなノウハウを取り入れてしまうと
積み上げてきたサイトの信頼はその時点で一気にガタ落ち。
今までご愛顧頂いていたユーザも帰ってこなくなってしまいます。

私は基本的に、Webサイトの案件ではインハウスSEOを取り入れています。
内部対策(HTMLマークアップの最適化とライティング諸々)を中心とした施工ですが、これといった大きな外部施工はしていません。
ではその外部対策をするのであれば、Googleページランクの高い大規模サイトに自然なリンクを入れてもらう等の方法がありますが
じゃあそのページランクの高いサイトがどういうサイトで、どういうコンテンツの中に自然なリンクを入れてもらうか。
もっと突っ込めば、XHTML時代末期に重要要素と云われていたIPアドレス分散やドメイン年齢等、たくさん調査要素があります。
然し、今現在に至りこれらに確証はありません。
良く言えば「論より証拠」、悪く言えば「暗中模索の上での経験論」でしかないのです。
SEOに関するリソースを探そうとすればするほど、多岐にわたるノウハウが出てきます。
然し、マジョリティリソースがこうだからとすぐ真似をすると、痛い目に。
鈴木謙一さんのブログは毎日熟読していますし、東京時代にはSEO塾の社長に直にお世話になっていました。

私がSEOに関して最終的に出せる結論は「釣られるな」「結果を急いで求めるな」「不自然なサイト施工をするな」としか言えません。