カテゴリー
IT Tips

海外のLinux界隈で神る男

Ubuntu使いの外国人「このDOUJINゲームがエミュれない><」

他のLinuxer「Wine使え。以上。」

他のLinuxer「Pythonで動かす方法がGitHubにあがってたでよ。試してないけど」

静観していた十円玉「・・・( ´-`)」

そのPythonで同人ゲームを動かす方法を試す十円玉「・・・( ´-`)カタカタカタ」

結論が出た十円玉「ダメだな( ´-`)y-~~余計環境がややこしくなる」

もっとスマートな方法がないか模索する十円玉「( ´-`)カタカタカタ」

ナニかを思い出す十円玉「!!(*´-`)」

閃く十円玉「スクリプトエンジンのレガシーバージョンに直接パススルーする方法が国内で定着してた(*´-`)」

実践する十円玉「( ´-`)y-~~カタカタカタカタカタカタ」

うむ。

フォーラムに英語でレクチャーを書き込む十円玉「( ´-`)カタカタカタカタカタカタ」

フォーラム「ざわ・・・ざわ・・・」

去る十円玉「((-` )」

立ち止まる十円玉「!!(-` )」

割れModが見つからないだのパッチ当たらないだの喚いてる厨房「じゃあどこで聞けばいいんだよ!!><」

十円玉「デビットカードぐらい学生でも作れんだろ。はじめは安心をお金で買うんだな( ´゚-゚`)」

十円玉「Jaano.」

次はIRC Ubuntu公式チャンネル(´^ω^`)

割れ厨「VLCのキャッシュ機能で抜き出せない動画がある><」

十円玉「Depth10相手ならビルドせんとダメだぞ( ´-`)y-~~」

十円玉「つかディストリ公式の場で割れネタの話題持ち出すんじゃねえ(#´-`)」

一息ついて。

十円玉「どこもかしこも割れ厨ばかりでウンザリ(;´-`)

十円玉「それより健全なLinuxギークを集めて、Linuxの市民権をもっと世に知らしめたいぞヽ(`Д´)ノ」

カテゴリー
IT Tips

LinuxにDolbyクラスの高音質を。

Linuxが音の趣味に向かない貧乏OSだなんて、誰が決めたんだい?
オープンソースだってやる気になれば、Dolbyクラスのハイレゾ高音質を発揮することが出来るんだぞ!!
今回はPulseAudioドライバの底力をひねり出す方法だ。

1.PulseAudioのローカルコンフィグを書き換える。

#vim ~/.config/pulse/daemon.conf
#OR
#sudo vim /etc/pulse/daemon.conf

default-sample-format = float32le
default-sample-rate = 48000
;↑機器が96kHz対応していれば96000と、最大対応ビットレートに合わせるべし
alternate-sample-rate = 44100
default-sample-channels = 2
default-channel-map = front-left,front-right
default-fragments = 2
default-fragment-size-msec = 125
resample-method = soxr-vhq
enable-lfe-remixing = no
high-priority = yes
nice-level = -11
realtime-scheduling = yes
realtime-priority = 9
rlimit-rtprio = 9
daemonize = no

2.(Ubuntu18.04ベースの場合)下記レポジトリをインストールし、PulseEffectsをブチ込む
※Ubuntu19以降では標準でレポジトリが入っているので、そのままpulseeffectsを入れてくれればOKです。
からの再起動→PulseEffectsを起動→すぐ閉じる
(ローカルプロファイルだけ作成)

sudo add-apt-repository ppa:mikhailnov/pulseeffects -y
sudo apt update
sudo apt install pulseeffects pulseaudio --install-recommends

3.下記コマンドでプリセット一式をインストール(Curlインストールされてるよね?)
ダイアログが開かれるので「1」を選択しておこう

bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/JackHack96/PulseEffects-Presets/master/install.sh)"

4.PulseEffectsをもっかい起動→Effects→PerfectEQを選択
お好みでは「Bass Enhanced」と組み合わせるのもアリb

あらやだ!音が磨かれてるわ!!ヾ(o゚Д゚o)ノ

カテゴリー
IT Tips

超カンタンお手軽モニタリングウェア「COCKPIT」

え?そのディストリのパッケージマネージャで「pockpit」をインストールするだけだよ?
ハードウェアモニタリング、ログビューワ、サービスマネージャその他もろもろ全部ついてくるよ!!

カテゴリー
IT Tips 雑記

Linuxのtmpディレクトリを物理メモリ下に移したときのお話

なんてことはない、下記の通りディスク領域のコンフィグを弄って再起動するだけさ。

# sudo vim /etc/fstab
# tmpfs
tmpfs	/tmp		tmpfs	defaults,noatime,size=2048m	0	0
/tmp	/var/tmp	tmpfs	defaults,noatime		0	0
tmpfs	/dev/shm	tmpfs	defaults,noatime,size=1024m	0	0

気持ち悪いぐらい速くなったぞ。それもキーボードの入力変換が追いつかんぐらいに。

カテゴリー
IT Tips 雑記

LinuxerのためのSMPlayer

ええ、また鞍替えしました。メディアプレイヤーを。
VLCはコーデックいらずでメディア変換も一発で出来る大変素晴らしいアプリなのですが、その真価を発揮するのはVer.3.0.6から。(Linuxでは2019/05/05現在Ver.3.0.4止まり)
だったらとソースをGitで引っ張ってきてビルドを試みたのですが、意外と条件が厳しくて頓挫。まあLinuxでのバージョンリリースが2つも遅れてる理由を体感したわけです。
じゃあ未来にどのプレイヤーを持って行かんとしたらば、昔使っていたSMPlayer。
更に内部プレイヤーにmpvを咬ませて、VAAPIで動画をハードウェアエンコードすれば尚快適なわけです。
コーデック内臓なので、通常利用ならポンとインスールすりゃいいだけなのですが、私はmpvやらコーデックやらを最新版にビルドした上で使っています。(変換/編集の際に都合が利く)