Titanium Studio

Titanium Studio 3.x系の日本語化

Titanium Studioをインストールした前提で話を進めます。 (1)http://mergedoc.sourceforge.jp/で、Pleiadesプラグイン(最新安定版)をダウンロード (2)(1)を圧縮解除し、中のフォルダ(pluginsフォルダ等ある場所)を、Titanium Studioインストールフォルダ「C:\Users\******\AppData\local\Titanium Studio」に上書きコピーする (3)(2)のTitanium Studioインストールフォルダにある「TitaniumStudio.ini」の最終行に、「-javaagent:./plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」を追加 Mac(UNIX)やLinuxでも、ファイルパスが違うだけで 同様の方法で日本語化が可能です。 […]

開発環境を、Aptana Studio+その他開発環境色々からTitanium Studioに一元化した話

仕事の殆どがLAMP開発ですが、開発環境が散乱していたので IDEを一元化した。 今回導入したTitanium Studioでは、Android SDKやiOS等との連携性がアップし、HTML5+JSでアプリへのコンパイルができるので スマホアプリの作成が簡単になりました( ^ヮ^)ノ 但し相も変わらず、プロジェクトソース→iOSアプリへの変換は OSX環境にしか入れられないiOS SDKを必要とするので、 マカーさんに専用の環境を入れてもらって、コンパイルの都度端末を借りるしかない。 いや、いくつか方法はある。 PCがIntelプラットフォームなら、仮想OSにOSXを入れられる。 そこにTitanium StudioとiOS SDKを入れて、プロジェクトフォルダをホストOSのそれと共有化。 ほんで、仮想OSX上でコンパイルをかけ、iOSのエミュレータで動作確認出来ればよし。 然し、俺のP […]