俺はいろいろやってきたから、敵もそれなりにいます。

俺はもう何も怖くない。
フリーランスになってからというもの、俺は随分と強くなれた。
それに、今までの経験の裏打ちもたくさんある。俺はこれからもっと強くなれる。
でもこうやって頭が煮えているとき、俺は決まって親父の兄弟分に電話をする。為になる話を聞いて、我を取り戻す。
俺はまだまだ若いと自覚させられるが、でもこの若さを無駄にしない為に出来ることってたくさんあると思う。
人間の武器は知恵と精神。俺の相棒や兄弟分をガッカリさせない為にも、俺は人一倍賢く努力をし続けなければならない。
仮にその先にあるものがガッカリするようなものでも、「決して無駄ではなかった」と思えるように。