【ニュース】ひつまぶしの名店「あつた蓬莱軒」にて猫虐待発覚

◎事件 老舗 ひつまぶし店「地域猫連続虐待の謎」

月刊誌「紙の爆弾」2018年4月号より(2018/03/07発売)

■ツイッター上で拡散されている概要■

愛知県名古屋市熱田区にある、ひつまぶしの元祖であり専門店「あつた蓬莱軒」。
支店である神宮店の店員が猫の駆除と称し、店から遠くまでハンマーを持ち歩き猫を駆除しようとしているところを目撃者である男性に通報され
上記店員は社長同伴の下警察に出頭し逮捕された。
その猫は目撃者である男性に保護された模様。

その他蓬莱軒は、粘着テープを仕掛け猫の足に怪我をさせたり日常的に動物の虐待虐殺を行っていた様子。
↓↓↓

※2018/03/15 加筆(Facebook アニマルポリスの投稿より)

■目撃・通報者本人の記述(2018/02/04現在のもの)■

■ここからは私見■

料理人でありながら命を粗末にする様は、板前の父を持つ俺としてはとても解せない事件です。
今年で創業145年の伝統あるお店ですが、心を歪ませてまで守りたい伝統って何でしょうね。

※2018/03/15 加筆
熱田市にある「あつた蓬莱軒 神宮店」のある地区では、以前から猫の虐待や不審死が問題となっていた模様。
「あつた蓬莱軒」社長の鈴木淑久氏は、現在名古屋観光文化交流特命大使に任命されている。
以前氏が受けたインタビューでは、将来のまちづくりの夢として「子どもたちが誇れる街であってほしい」と語っていたという。
今回の事件で「熱田市は猫を虐待する街」としてのイメージの方が強くなってしまったのではないだろうか。
もとより、今現在の世論で子どもたちに誇れる街であるだろうか。

 

「【ニュース】ひつまぶしの名店「あつた蓬莱軒」にて猫虐待発覚」への1件のフィードバック

  1. 良くも悪くも、過去の記録・事象はすべて「伝統」として残るもので
    それこそが、伝統を価値あるものとする為のエビデンスであり又リスクでもあるからだ。
    包丁の取り扱いひとつにしても、悪い例えが在るからこそ怪我をしないように扱えるというもの。
    別に或る種をこの世から滅ぼしたわけでもなし。この悪しき記録たったひとつで未来永劫罰せられ続けるばかりではないのだから
    その時代の大人たる作法でスジを通し、ケジメをつけてさえいれば。
    それもまた記録として残り名誉の回復ないしは万事を収束出来ていた。

    ところが、我々の知るところのメディアは斯く痛快にこの期待を裏切ってくれた。
    ともあれ各たる手立てにより、事の収束を急くべく多くの人・組織・資本が動いた。
    今現在まで確認できる世論の変遷こそが、我々たる知る権利を有する者たちに対する回答とするのならば
    「十円玉という名のブログ」は、この「悪しき例え」を未来が真似ぬよう
    このメディアの歴史に深く切り刻むことをここに宣す。

    返信

コメントする

thirteen + six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください