大学時代にいた有名なおばさんのお話

猿大学時代のお話。

スーパーで買い物をしている十円玉「ここはいつも肉安いよな(*´-`)」

メガネの痩せたおばさん(以下おばさん)「(超早口の独り言)てめえはどうしていつもこうなんだよ!!」

十円玉「!?(´-`;)」

おばさん「あのときもそうだった!いつもそうだ!あたしのことなんかちっとも助けてくれなかった!!」

危険な香りを感じる十円玉「(この辺にキチってるおばさんがいる話はマジだったのか(;´-`))」

売り物のプリンをシェイクするおばさん「甘ったれはどっちだよ!!この甘ったれ!!クソったれ!!キチガイ!!クソ野郎!!」

止める店員っつか同じ大学の宮本くん「お客様、それは商品ですので(・∀・;)」

おばさん「あ〜〜〜〜〜〜〜??????」

おばさん「あ た し が。 こ の 甘 っ た れ た ク ソ 野 郎 を 。」

おばさん「いつ買ってやるって言ったんだよ!!ナメんなこのクソキチガイこの野郎!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

どうしていいかわからなさそうな宮本くん「・・・(・∀・;)」

店長らしき人がやってくると同時に退散する十円玉「(・・・宮本くん、スマン(;´-`)y-~~)」

 

通りすがった小原先輩「買い出し?」

十円玉「今店入んないほうがいいっすよ(;´-`)y-~~例のおばさん暴れてます」

小原先輩「・・・収まるまで待ってんの?w」

十円玉「今日のウチに食料とか買い貯めておきたいんですよね(;´-`)y-~~とんだアクシデントですわ」

小原先輩「したらドンキで時間潰さね?あとでまたココさ戻ってくればいいべやw」

十円玉「先輩ナイスアイデアb」

 

ドンキ(´^ω^`)

十円玉「そろそろあの変なおばさん帰りましたよね・・・?( ´-`)」

小原先輩「行ってみる?」

ドンキの出口、その手前にある証明写真機から絶叫が飛び交う。
手前で怯えている高校生カップル。

小原先輩「え、ちょw」

十円玉「おいおいマジかよ(;´-`)」

証明写真機「誰がどう言おうと!!あたしは表現家なんだ!!!!!!!!!!!!」

JK「(もうやだ帰ろ?;;)」

 

そそくさと先程のスーパーまで戻る俺等。
そしたら、スーパーにパトカーが数台来ていた。

小原先輩「嫌な予感しかしねえwww」

小原先輩「今日はもう諦めるべ?w」

諦めきれない十円玉「・・・(;´-`)」

さっきの店員っつか同じ大学の宮本くん「あ(・∀・;)」

目が合った十円玉「あ(;´-`)」

小原先輩「?」

宮本くん「・・・(・∀・;)」

俺にサインを送る宮本くん「(今日はもう帰れ)(・∀・;)σ」

理解した十円玉「(了解)(;´-`)b」

十円玉「諦めが付きました(;´-`)」

小原先輩「な?w」

 

その日は小原先輩の実家でお食事をいただきましたとさ。