カテゴリー
IT Tips 雑記

Ubuntu→VMPlayer→Windows10

はい、タイトルの通り仮想環境を構築しましたとさ。
ブラウザテスト・汎用言語ソースからのビルド・ヘルプデスク諸々の都合で、やはりWindowsが手元にあったほうが都合が聞くとの結論に至り・・・。
今回はVMWare Playerを用いましたが、Linuxがホストとなると粗が目立ちますね。
ほんでも、ホストアプリの不具合と音声の(遅延による?)ノイズにさえ目を瞑ればサクサク動くので無問題。
じゃあVirtualBox使いなよと言われそうですが、(評価版で)メモリとVRAMの上限がホスト機の許す限り使える点が大きかったので(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください