キャラ作り

自ら「キャラを作っている」と言う人にマトモな人はいない

「キャラを作る」というのは、自らのアイデンティティを偽り外面的なコミュニケーションを円滑にする為の処世術なのだろう。 然し、人は3歳で人格と素質が完成し、14歳で性格が完成する。どこまで精密にキャラ設定をしても、必ずボロが出る。果たしてそれは、キャラを作っている事になるのだろうか。 心理的な修練を積んだ人や重度の人格障害者でもない限り、人は自らの性質を完全に偽る事が出来ない。 そういう経緯があって「自分はキャラを作っている」に至ったのかは知らないが、私の経験上、彼等の中でマトモである人を知らない。 仕事・勉強・コミュニケーションに於けるアルゴリズムを観察すれば、人の性格は一発でわかる。更に真相心理を読もうとすれば、彼等の本性や演じているキャラクターに大きな共通点があることに気付くだろう。 性格は成人しても180度変えられるが、素質や深層心理の構造までは変えられない。 長い時間をかけて培って […]