薄ら馬鹿とは言ったものです

マスメディアやバイラルメディアで得た情報を鵜呑みにし、「これは正しい情報だ」と信じて疑わず。
なのに、掘り下げた話になると急にだんまりになるか閑古鳥のようになる様。

2chや2ch系バイラルメディアで嫌韓嫌中ネタに触れては、感情のあるままに浅はかな議論をぶつけ
どこだかの新聞やどこだかのTV局で流れた情報を信じすぎた挙句、ネットでの意見を取り上げられると「ネットやってるやつは皆頭おかしい」と思い込む。

これは、薄ら馬鹿である以外の何でしょうね?w
最近こういう人がリアルやネットでも目立つようになってきました。
私が日頃から口煩く言っている「情報リテラシー」が全体的にみるみる落ちてきている様を見て、非常に危機感を感じています。
だから、スパムがなくならない、広告プロモーションの脱法化が進む、なんとか48やEXILEがCDの付録で程度の低い人等を釣り上げて邦楽を潰す、バイラルメディアやアダルトコンテンツにアフィリエイト広告が気が狂ったように陳列される。
これ以上薄ら馬鹿と呼ばれる人等を生まない為にも、義務教育や高校大学で情報に関する教育をキチンとやったほうがいいと思うのです。

トラックバックURL

http://www.10yendama.com/archives/1193/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です