カレカレ

カレーのようでカレーでないフィリピン料理「カレカレ」

フィリピンで働いていたころの話。 ある日、オフィスの近所で飯屋を営んでいたジョージが「面白いモン食わしてる」と機嫌良く言うので、話に乗った。 ジョージ「こいつはな、仕込みが違うんだぜw」 ジョージ「魚粉かけて食べてみな」 「カレカレ」。 一見カレーライスのようなフィリピン料理だが、作り方も味も全く別物。 しかし、ジョージが自信満々に作るカレカレは、一線を画していた。 味が消えるのである。 かかっているゴハンの味さえも。 十円玉「ジョージ、これ・・・。」 ジョージ「な、うめえだろwww」 どうしよう・・・、返答に困る味ならまだしも 味が消えるんだもん!コメントのしようがねえ・・・。 この話をスタッフにしても、「お前の味覚が麻痺しているだけだ」「普段吉牛ばっか食ってるからだよw」と誰も相手にしてくれない。 家に帰り、自分なりにカレカレを作ってみても、それなりに食べられるカレカレしか出来上がらな […]