Linuxのtmpディレクトリを物理メモリ下に移したときのお話

なんてことはない、下記の通りディスク領域のコンフィグを弄って再起動するだけさ。


# sudo vim /etc/fstab
# tmpfs
tmpfs /tmp tmpfs defaults,noatime,size=1024m 0 0
/tmp /var/tmp tmpfs defaults,noatime 0 0
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults,noatime,size=1024m 0 0

気持ち悪いぐらい速くなったぞ。それもキーボードの入力変換が追いつかんぐらいに。