R&Bの神様、James Brownまみれ

父がジャズとJames Brownが大好きで、私も物心がつく前からよく一緒に書斎で聴いていました。
James Brownは、R&Bという音楽ジャンルを確率させた偉大な歌手。
然し、我々がよく耳にする彼の曲は主に60年代半ば~70年代半ばのものが多く
今でも世界中に出回っているアルバム音源も、その時代の曲が中心となっています。
今の若い人にとっては古臭いかもしれませんが、宇多田ヒカルやMISIAとは全然違うR&Bの世界をお試しあれ。

James Brown – Full T.A.M.I Show Performance, 1964

https://www.youtube.com/watch?v=09qbhwcpA6A


当時の曲の中で今でもよく聴く「Papa’s Got A Brand New Bag」と「I got you」
これはカッコイイの一語。

JAMES BROWN – Papa’s Got A Brand New Bag, 1967

JAMES BROWN – I Got You [ I FEEL GOOD ]


そして「Mother popcorn」と「Super bad」は耳から離れなくなること請け合いw

Mother Popcorn (Pt. 1 & 2) – James Brown (1969)

James Brown – SUPER BAD !full length!


この「Think」はノリノリw

James Brown – Think (Live @ The Apollo 62′)


一方、下記2曲は静かな夜にピッタリ。

James Brown – It’s a Man’s World, Paris, 1967

JAMES BROWN Papa Don’t Take No Mess complete version