数えきれんほどWebサイトを作ってきたが

もうほぼ完全にシステム側のデベロッパと化してしまった私だが、
今でもWordPressの独自テーマや完全な手作りサイトを制作するのにHTMLやCSSのコーディングは一応する。
然し、XHTML+CSS2全盛期のころのコーディング速度は可哀想な程遅かったw
だから、今のHTML5+CSS3の恩恵はありがたい。
何せ、IE6の次に腐った牛乳と云われるIE9でもHTML5が動くんだもの。

今のサイト制作の何がラクかって
・フォントをJSで読み込んで、クライアント端末にインストールされていないフォントで文字を表示できる(DTPがラクになった)
・レスポンシブデザインの汎用性と、デバッグに要する時間の効率性といったらもう
・HTML5のマークアップルールによって、SEO内部対策がラクになった
・OSSのAPIが豊富
・時前でJSのプログラムソースをガッツリ書く機会が減った
・phpフレームワークの進化
・CMSの進化
・ネイティブphp4でシステムを削り起こしていた時代よりも、短時間でサイトをとことんシステマチックに出来る
・得られるリソースが簡単に手に入り、勉強もしやすくなった

うん、インターネットの進化を感じる。
エンジニアたる者、日々勉強日々精進。