カテゴリー
IT Tips

SyntaxHighlighter Evolvedの不具合を直す方法

SyntaxHighlighter Evolvedにて、コードの改行にBRタグが混ざってしまったり一部の記号がHTMLエンティティとして再変換されてしまう問題を解決するためのTips。
この問題の原因としては、昨今WordPressに導入された新しいエディタ「Gutenberg」と衝突している可能性が高いです。使わないのであれば、これを無効化してください。

カテゴリー
雑記

ある意味、WordPressに対する冒涜だわ

自動でキーワードに沿った記事を自動生成してくれて、 すべての記事に合ったアフェリエイトリンクを自動生成してくれるのがWordPressなのでしょうか?

ネットビジネス超初心者あるあるすぎて逆に辛い。
「勉強しろ」と煽られる以前の問題。

その何。(上記の通り勘違いしたまま)WordPressひとつでネットビジネスを開拓するつもりで
「将来はテキサスでステーキハウスを建てるんだ」と豪語していた、かのおじさん。
ある日、スパムLPからDLしたフリーテンプレートを「これすごいぞ!無料でここまで出来るんだな!!」と言いまわった結果

「ご退会願いたい」の一言で沈没した、かのおじさん。

作ってあげるから、開発費ウン百万振り込んでくれ^^
ナーニ、これで何倍も稼げるんだからお手頃価格さね^^

カテゴリー
IT Tips 雑記

WordPressがWeb全体の30%で使われるようになりましたとさ

過去15年間、WordPress の人気と利用率は着実に増加し続けてきました。今月、W3Techs が WordPress が Web 上のサイトの30%以上を占めると報告したことで、その成長は大きなマイルストーンを迎えました。
この割合は W3Techs が Web 上のトップ1000万サイトを審査した結果に基づいて決定されており、WordPress のプラットフォームとしての人気と柔軟性の強力な指標となっています。
WordPress をさらに成長させるために手助けをしたい方は、参加・貢献 (日本語コンテンツ) してみましょう。

WordPress の1ヶ月: 2018年3月

[amazon_link asins=’4295000795,4774187062,4774173800′ template=’SupportedAMP’ store=’10yendama-22′ marketplace=’JP’ link_id=’70b90404-432e-11e8-b8cb-ef02436bd3a4′]

カテゴリー
IT Tips

WordPressを高速化する方法

WordPressをシンプル且つ効率的に高速化する方法がありますよ!

手始めに、オブジェクトキャッシュ系(サーバ側で実装済みなら尚不要)以外のページ高速化プラグインを全て削除してください。
HTTPS系プラグインも不要です。(.htaccessで頑張れ)

最適化プラグインをたくさん入れるのは大間違い。

では順を追って作業を進めていきましょうΣd(ゝω・)

1.GZip圧縮を活用

以下を.htaccessのRewriteルールの上あたりに記述。

# phpのzlibロード圧縮を有効にする
php_flag zlib.output_compression on

# Proxyサーバがファイルのキャッシュをしない設定
<IfModule mod_headers.c>
Header append Vary User-Agent env=!dont-vary
</IfModule>

# GZip圧縮化
<IfModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE text/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-opentype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-otf
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-truetype
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-font-ttf
</IfModule>

2.mod_expiresを使ったブラウザキャッシュでファイル読み込みの高速化

以下を.htaccessのGzip圧縮設定直下に記述。

# WebフォントをWeb上で読めるようにする
AddType application/vnd.ms-fontobject .eot
AddType application/x-font-ttf .ttf
AddType application/x-font-opentype .otf
AddType application/x-font-woff .woff
AddType image/svg+xml .svg

# 各ファイルのブラウサキャッシュ有効化
<ifModule mod_expires.c>
	ExpiresActive On
	#ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
	#ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
	ExpiresByType text/css "access plus 1 days"
	ExpiresByType text/javascript "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType image/gif "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType image/png "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType image/x-icon "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType application/pdf "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType application/javascript "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 weeks"
	ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 216000 seconds"
	ExpiresByType video/ogg "access plus 1 month"
	ExpiresByType video/mp4 "access plus 1 month"
	ExpiresByType video/webm "access plus 1 month"
	ExpiresByType application/vnd.ms-fontobject "access plus 1 year"
	ExpiresByType application/x-font-ttf "access plus 1 year"
	ExpiresByType application/x-font-opentype "access plus 1 year"
	ExpiresByType application/x-font-woff "access plus 1 year"
	ExpiresByType image/svg+xml "access plus 1 year"
</ifModule>

3.たったひとつのWordPressプラグインで一発カンタン!HTMLソースの短縮化

1.WP管理画面→プラグイン→新規追加から、Autoptimizeをインストールし最適化

2.設定→高度な設定に切り替える

3.HTMLコードを最適化→ON
JavaScriptコードの最適化→ON
インラインのJSを連結→ON
CSSコードを最適化→ON
データを生成:画像をURI化→ON
Googleフォントの削除 →ON
インラインのCSSを連結→ON

4.WP管理画面→プラグイン→新規追加→WP-Optimizeをインストールし最適化→定期的にDBのゴミを取り除く

4.画像をまとめて最適化

1.WP管理画面→プラグイン→新規追加→EWWW Image Optimizerをインストール→有効

2.すべての画像をロスレス圧縮

5.AMP

そもそもAMPって何?
→Googleが提唱している、モバイルページを高速に表示させるための手法で、これが適用されているとGoogleでの検索結果がグンと上がります。
テーマによってはGoogleSearchConsoleに怒られてしまう可能性がありますので、その場合は適宜プラグインを検索したりテーマを見直してみましょう。

6.オブジェクトキャッシュのススメ

・phpのバージョンを7.0以上にする
・サーバがphp5.6以上なら、OPCacheを導入。phpの中間コードを物理メモリにキャッシュしてくれるので速くなりますよ!
・デフォルトのセッションエンジンをmemcachedに切り替える
・MySQL(MariaDB)のチューニング
・可能であれば、WebサーバをHTTP/2に対応させる(要SSLキー、Let’s Encryptとか)

[amazon_link asins=’4295000795′ template=’SupportedAMP’ store=’10yendama-22′ marketplace=’JP’ link_id=’32a425f4-2708-11e8-80a8-dfebde27b7de’]

カテゴリー
IT Tips

WordPressでメール投稿が出来るプラグイン「Postie」

ありました、php7環境下でもWordPressでメール投稿を実現するプラグインが。
その名もPostie
今まではガラケー時代に生まれたktai_entryを使ってメール投稿に対応していた方が多かったと思いますが、こちらは(WordPressのメール投稿設定こそ使わないものの)プラグイン独自のメール設定の他、メールから投稿に変換する際の挙動、メディア・添付ファイルの埋め込み等細かい設定が出来ます。