新画像フォーマット「JPEG XS」

新画像フォーマット「JPEG XS」発表。低レイテンシーで高画質、ストリーミングやVR向け

Joint Photographic Experts Group(JPEG)が、JPEG XSフォーマットを正式発表した。
2015年から進められていた標準化作業が完了したJPEG XSは、低レイテンシーかつ高画質を保つことができるため、ライブ配信やVRストリーミングへの利用に適している。
例えばVRゴーグルの場合、頭の動きに映像を追従させるのが楽になるということ。動作時の違和感をなくし、いわゆるVR酔いの防止に役立つ。

ただし、画像圧縮率は処理の軽量化のためにさほど高くなく、ファイルサイズが小さくなるというわではないようだ。
これは本来のJPEGの圧縮が画像ファイルのダウンロードの最適化を目的としているのに対し、JPEG XSではストレージに保存せず次々と消費していくストリーミングに最適化するという考え方の違いによるもの。

JPEG XSはオープンソースとして公開され、汎用のHDRコーディングフォーマットに対応しているが、まだ規格としての正式承認は済んでいない模様。

ちなみにJPEGの次世代規格といえばJPEG 2000があるが。JPEG 2000はその処理に必要な回路規模が100倍近く。ストレージへの保存には適しているが、高速撮影を売りとするカメラへの採用が進まなかった。
そのJPEG 2000に次ぐ静止画向け規格としてJPEG XRも存在するものの、MIceosoft製品以外でのサポートが進んでいない。
反面アップルはmacOS High Sierraより写真アプリで使う標準の写真フォーマットを、JPEGからHEIF形式へと変更している。